みさきクラシックバレエスタジオ

みさきクラシックバレエスタジオ

みさきクラシックバレエスタジオ 教師プロフィール

増田みさき

増田みさき

9歳より、手塚邦子バレエ研究所にてバレエを始める。小林恭バレエ団研究所入所、独協大学在学中より同バレエ団公演に参加、その後重要なパートを踊るかたわら付属研究所の教師を務める。学校卒業と同時に谷桃子バレエ団に準団員として入団し、その後団員となり、同バレエ団の海外、国内及び地方公演に出演。主な作品に「白鳥の湖」「ジゼル」「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「バヤデール」「ロミオとジュリエット」「リゼット」「眠れる森の美女」「パリのよろこび」、その他、NHKバレエの夕べ「ゆきひめ」など創作作品にも多数出演している。現在、谷桃子バレエ団員、日本バレエ協会員、越谷洋舞踊協会員、ヨークカルチャー講師。

杉浦愛

杉浦愛

3歳より増田みさきに、その後鈴木和子にクラシックバレエを師事。数々の舞台に立つ。1998年、ヤン・ヌイッツのバレエセミナーに参加したのをきっかけに解剖学的に基づくダンサーの身体の使い方に興味を持ち、郷路泰子のもとでクラシックバレエとボディーコンディショニングを、橋本佳子のもとでピラティスを、里見悦郎には解剖学を学ぶ。2005年9月よりCanada’s National Ballet School Teacher Training Programに留学し、バレエ教授法・クラシックバレエ(RAD・チェケッティメソッド)・解剖学・音楽・バレエ史・幼児バレエ教育・ナショナルダンス等を学び、2008年6月同校を卒業。在学中にはチェケッティーとRADメソッドのクラシックバレエ上級の他、ナショナルダンス上級試験に合格。2007年、ISTD National Dance Teaching Qualification 取得。同年、Teacher Training Program のStudent of the Yearに選ばれる。2008年、Royal Academy of Dancing Teaching Qualification (A.R.A.D)取得。 帰国後、PilatesMovementSpaceにてピラティストレーナーの勉強を開始。2009年BalancedBodyⓇのMat、Reformerの資格を取得。

皆川めぐみ

皆川めぐみ

6歳よりみさきクラシックバレエスタジオにてバレエを始める。2002年 前田バレエ学苑入所。以後世田谷クラシックバレエ連盟公演・ジュニア・バレエ・パフォーマンス等に出演。また、日本バレエ協会主催公演 都民芸術フェスティバル「ジゼル」、「くるみ割り人形」、「眠れる森の美女」や、JBAヤング・バレエ・フェスティバル「卒業舞踏会」、埼玉ブロック公演などにも出演。2008年より文化庁本物の舞台芸術体験事業・学校公演に参加している。 日本バレエ協会会員。

浅見良恵

浅見良恵

8歳よりみさきクラシックバレエスタジオにてバレエを始める。2005年4月、日本女子体育大学運動科学科舞踊学専攻入学。在学中はクラシックバレエをはじめ、ジャズダンス、コンテンポラリーダンス、タップダンス、シアターダンス、日本舞踊、スペイン舞踊、エアロビクスなど様々なジャンルの実技を学ぶ他、機能解剖学や舞踊創作原論、テーピング・マッサージ実習なども受ける。また、クラシックバレエの研究室にて作品の振り付けを行う他、学外の公演にも多数出演。2009年3月同校を卒業。在学中より、みさきクラシックバレエスタジオにて後進の指導にあたっている。

島立歩

島立歩

3歳よりみさきクラシックバレエスタジオにてバレエを始める。高校3年間はモダンダンスを加藤淳子、川村由依らに師事。2005年日本女子体育大学運動科学科舞踊学専攻入学。コンテンポラリーダンスを高野美和子に師事。在学中は友人等と学内外ダンス公演に多数出演。高野美和子指導のもと卒業研究としてコンテンポラリー作品「胎内メモリア」を創作、出演。2009年3月同校を卒業。在学中より、みさきクラシックバレエスタジオにて後進の指導にあたっている。

種井祥子

種井祥子

3歳より増田みさきに師事。2003年 谷桃子バレエ団研究所入所。2007年 英国 London Studio Center に留学。クラシックバレエの他、コンテンポラリー・ジャズダンス・ボディコンディショニング等を学ぶ。2009年同校を卒業。2011年谷桃子バレエ団に準団員として入団。現在谷桃子バレエ団団員。同バレエ団公演「白鳥の湖」スペイン、「くるみ割り人形」トレパック等を踊る。他「眠れる森の美女」「ジゼル」「シンデレラ」など同バレエ団レパートリーに出演。また団外公演にも多数出演している。よみうりカルチャー恵比寿センター講師。東急スポーツオアシス キッズバレエ講師。

木川彩香

木川彩香

4歳より増田みさきに師事。2009年より6年間、谷桃子バレエ団研究所にて尾本安代、伊藤範子らに師事。クラシックバレエの他、コンテンポラリーダンス、キャラクターダンス、ボディコンディショニング等を学ぶ。2015年より、ネオクラシックバレエカンパニー NeoActにてダンサー、コスチュームデザイナーとして活動。東京家政大学家政学部造形表現学科を卒業後、みさきクラシックバレエスタジオにて後進の指導にあたっている。日本バレエ協会主催 全国合同バレエの夕べ「コッペリア」出演。越谷カルチャーセンター講師。

近江真由

近江真由

3歳より増田みさきに師事。多数の舞台に立ち、2017年、日本バレエ協会主催全国合同バレエの夕べ「コッペリア」に出演。教育、特に幼児教育に興味があり、大学在学時にはバレエを教える傍ら、日本の幼保園にて0-6歳の保育を2年間、米国では1ヵ月経験し、日本語教員養成課程を修了し、大学を卒業。2019年よりCanada's National Ballet School Teacher Training Programへ留学し教授法を学ぶ。在学中、Cecchetti Advance1、RAD Advance2、I.S.T.D.National Dance Advanece2に合格。I.S.T.D. National Dance Teaching Qualification 取得。2021年、Carole Chadwick Award受賞。2022年、Betty Oliphant Award受賞し、最優秀賞にて卒業。Royal Academy of Dance Teaching Qualification (A.R.A.D)、そしてRoyal Academy of Dance Registered Teaching Status(R.T.S)取得。Canada’s National Ballet School のAssociate Program そしてAdult Ballet Programの専属教師として6歳から大人までの生徒にバレエを教える。「素敵な生徒や先生方に支えられ、日々たくさんのことを学んでいます。国境を超えたたくさんの生徒の夢や目標を少しでも叶える架け橋となれるよう努めていきます。」

講師プロフィール

川原亜也 (バリエーションクラス担当)

川原亜也

4歳より黒沢智子氏に師事。1990年、谷桃子バレエ団団員となる。以後、谷桃子バレエ団公演「白鳥の湖」「シンデレラ」「ドン・キホーテ」「ジゼル」等の主要な役を踊る。1997年新国立劇場登録ダンサーとなり「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「トリプル・ビル(佐多達枝作品)」「ドン・キホーテ」「ラ・バヤデール」「白鳥の湖」等に出演。

長澤さゆり

長澤さゆり

3歳よりバレエを始める。6歳で渡米。その後、米国、豪州、日本でバレエを学ぶ。18歳より英国ロンドン・スタジオ・センターとカンヌ・ロゼラ・ハイタワーで学び、フランスとスイスでダンサーとして踊る。2011年帰国。国内ではフリーのダンサーとしてクラシックバレエ他、ネオクラシック、コンテンポラリーダンス、オペラの舞台で幅広く活躍。2018年よりカナダ国立バレエ学校Teacher Training Programでバレエ教授法を3年間学ぶ。在学中Carole Chadwick Awardを受賞。2021年優秀賞にてディプロマ取得、同校を卒業。同年、チェケッティ・メソッドCecchetti Society of Canada認定教師資格を優秀賞にて取得。カナダ国立バレエ学校Adult Ballet Programの専属講師として教えた後、帰国。2021年秋から半年間、都内のインターナショナルスクールで専属講師を務める。ダンサー現役時代からヨガ含めホリスティックな様々なボディーワークに興味を持ち、2022年8月RYTヨガ教師資格取得予定。「幼児から大人まで、幅広い年齢層の方々にバレエの楽しさと素晴らしさを、世界各国でで学んできた経験と知識を活かしながらお伝えしています。」

CONTENTS


「酉の市」で有名な鷲神社並びにあるスタジオ。日比谷線入谷駅利用で、都心からのアクセスも抜群です。浅草、三ノ輪、南千住方面からは自転車でどうぞ。
>> 千束スタジオ詳細はここち


越谷市赤山町の閑静な住宅街に位置するスタジオ。天井が高く、開放感のあるつくりです。駐車スペースがありますので、お車でも安心して通って頂けます。
>> 越谷スタジオ詳細はこちら